どん底からのぼれろ

たくさんの贈り物

f:id:bootlegbootleg:20210802223931j:plain
今日も朝5時前くらいにやっと意識がなくなったみたいだ・・・そして自動的に朝6時頃には目が覚める。日中ふらふらで気力が出ない。この異常な睡眠障害の状態を何とかしないと、ここでぶっ倒れているわけにはいかないが・・・連日の酷暑に倒れそうになる(特に大阪は本当に毎年クソ暑くて湿度も高くて嫌になる)。

そんな私の為にと、知人とお母さまが色々と送ってくださいました。キチガイ治療や睡眠障害治療にも使える低周波超音波治療器を買わなくては、と思っていたら知人が送ってくれたのです。これ、オークションだと3000円~6000円もするよ。安い中華製辺りを買おうと思っていたけど、パナ製を使えることになるとは・・・本当にありがとう😢

 

f:id:bootlegbootleg:20210802225312j:plain
疲れ気味の私の為にとイミダペプチドも送ってくれました。鶏胸肉やささ身に多く含まれる疲労回復効果がある成分をドリンクにした機能性表示食品です。さっそく夜に飲みました!知人は不味いと言っていたけど割と飲みやすかったよ、疲労をとって頑張ります、お母さんありがとうございます😭

知人は今も私に厳しい言葉を浴びせるけど、言われて悔しかったら負けるなよ!と言っているように感じてならない。それに、こんな私に色々と送ってくれて・・・疲れをとって、電流治療でキチを治して頑張れとエールを貰っているように感じるよ。頑張るしかない!知人にお母さま、素敵な品々を本当にありがとうございます、約束を守り有言実行できるよう、これからしっかりまい進してまいります。今後も、どうか見守ってくださると嬉しいです。

そして、知人からは久しぶりに頼み事もされた(キンキ関連のことなど)。嬉しかった・・・これまで準備したものは全て消してしまったから、新たに準備にかかっております。頑張るよ、明日にでも行動していこう。少しでも体調が良くなることを願っているよ・・・。

 


これは書いている内に腹が立って長々と書いてしまったもので単なる愚痴ですが・・・消すのもあれだから、まあ・・・😓

知人は今も体調が良くない。今年の3月頃から体調が悪化して、6月に入ると外出や食事をする気力がなくなってしまった。そして先月、私が知人の心を破壊してしまった。当然ながら私は意図したわけではないけど(そんなこと望んでいない)、気が付けば自分の言動が知人を破壊していた。

何というか・・・呪われた一族の血をそのまま継いでいる感じがした。父も同じなんだよなぁ。本人の言動で人を不快な気分にさせたり激怒させる。でも、本人は「え?俺なんか怒らせること言ったか?」といった具合だ。まんま今回の私じゃないか・・・。

知力も身体能力も顔面偏差値もそう。まあそこそこ賢い人が多い家系と超絶アホ家系の者が結婚して子を作った場合、遺伝子ってアホ家の劣等遺伝子のほうが強く受け継がれる傾向なんだよね。以前にも書いたけど、人間にとって継ぎたくないクソ遺伝子を、遺伝子のクソは個性ととらえて残してしまう。

私はガキの頃から機械を分解して改造したりプログラムを組んで遊んでいたんだよ・・・でも、いつも途中で理解できなくなった。途中までは理解できるのに、後半になるとどうも理解できないことが多かった。あれって物凄くイライラするんだよね。あと少しで完成なのに、どうしてここが分からないんだよ!って。

母方の家系の人たちは皆、理系で多くがその道に進んだ。その人たちとまだ交流があった頃、たまに話をすることがあった。幼少期のことを聞くと、私と同じように機械(主にラジオ、私もラジカセ)を分解したり改造して遊んでいたらしい。

単に私の努力不足と思われるかもしれない。でも、これは当人じゃないと分からないよ。自分の限界が見えていたんだ。分解改造をしても、プログラムを組んでも、どうにもうまくいかない。小学生の頃、自作電源を作ろうとして(無茶過ぎる)失敗して感電して死にかけたこともあった。当時は、どうしてなんだ!と本当にイライラした。

でも、いつ頃からだろう。父親を見ていると、自分の限界が見えてしまった気がした。父の家系は本当に皆がアホで、母方の家系と違い電気・機械工学なんて全く理解できない。

大体、父親がファミコンMSXを接続できなくて、小学生が代わりに接続するなんてあるかあ?本当に恐ろしいくらいに機械音痴で、RFスイッチに代わりRCAが主流になってからも、それすら接続できない。当然、DVIもHDMIも全く理解していない。

そういう超ド級の機械音痴の父を見ている内に、自分の脳は「これ」が半分入ったことでここが限界なんだと感じた。例えば00年代に入った時も、HTMLは理解して音を鳴らしたり文字を動かしたり色々とHPデザインできたのに、当時流行り始めたFLASHはよく理解できなかった。物凄く悔しかったけど限界を感じたよ。FLASHが使えたらいい仕事が腐るほどあったのに。でも、専門書を読んでも駄目だった。

私は結局、なにをやっても実力からして中途半端でダメなんだろうと腐っていった。フォトショとイラストレーターを使えたから、その道の仕事に就いたけど、デザイン系の仕事がしたい訳ではなかったし、なんだかモチベーションを維持できなくて、そのうちに坂を急速に転がり落ちてしまった。

いつ頃からだろう、私は母をめちゃ責めていたよ。あんな山奥のアホ一族となんで結婚して私を生んだんだ!もっと普通レベルの能力でいいからマシなやつを選べよ!と。

私が父と打ち解け合えないのはそこだった。先述のとおり母の親族、特に男は殆どが理系で専門職に就いていた。たまに母の親族と会う時があると、父は誰とも会話が全くスイングしない。そりゃそうだ、片やウェーイ系アホ一族、片や真面目系理系一族。会話が合うわけがない。

だから親戚のおじさんたちも、私にばかり話を振ってくる。私も、色々と教えてもらえて楽しかった。機械やオーディオを語り合える、そういう父親が良かったなあ。うちのおっさんはスポーツばっかり。そんなのどうでもいいんだよ・・・中途半端に脳筋の血を混ぜやがって・・・。

・・・そのうち、そういうこともどうでもよくなって、水商売に流れ着いて、引きこもって。。

で、知人と知り合ってから、脳筋よりももっとヤバいものを継いでしまっていることを自覚した。超ド級のアスペだ。人の空気を読めない、読まない。無自覚に人を傷つける。自分がなんで怒られているのか理解できない。あれ?これって、おっさんと同じじゃん・・・。

ある程度のクソバカ脳はもういいとして、もっとヤバいものを私はもらっていた。しかも、父の超アスペと病み系の母方家系の血が・・・(精神病棟に入ったままの人がおるよ)。クソ部分とクソ部分がクソミックスされて、真面目系メンヘラ気質兼人格障害アスペ無能クズ人間=私が出来上がってしまったのだ。

遺伝子よりも育つ環境のほうが重要だと近年分かってきたらしい。だが、全てのケースが研究や調査通りになると思うなよ。驚くほど父のクズ部分と似てきているんだよ。特に年齢を重ねる毎にね。

昔、親戚たちのやりとを見ていると、「〇〇くん、歳とって父親によく似てきたなぁ~」なんて会話をよく耳にしたものだけど、私もどうやら父のクソな部分がそっくりそのまま似てきたようだ。無能アホ貧乏クソアスペ野郎どもに告ぐ、結婚するな、ガキを作るな。生まれてくる子が悲惨で迷惑である。さっさと一人で死ねや。俺も孤独死じゃ、文句あるかクソが。

・・・で、私はアホでクズ無能だが、クズにはクズなりの生きる道がある。もう真面目なんて糞くらえじゃ。政治家を見習って金の為なら多少道を踏み外すこともいとわない。33-4を逆転するには、それくらい開き直らないと駄目だ。頑張ります!

睡眠薬のもう・・・😵