どん底からのぼれろ

土砂降りの雨と嬉しい報告

f:id:bootlegbootleg:20210917215130j:plain

時の流れも 続かないまま
冷たい雨に打たれる ふたりさ
偽りだけの あなたの優しさ
いつの日からか 分かっていたけれど
疲れ果てた ふたりだから

激しく降り続く雨に 心奪われて
あなたの 後ろ姿さえ
見えなくなる 涙濡れて

引き寄せる風 頬をかすめて
時の流れを感じた ふたりさ
涙の痕も 乾かないまま
背中を向けて走った あてもなく
疲れ果てた 思いだから

激しく降り続く雨に 心あらわれて
あなたの 切ない思い出
浮かんでくる 涙枯れて

1988年に1枚だけアルバムを出して即解散した「SPLASH」なるバンドを知っている人は殆どいないだろう・・・知っているとすれば、リアルタイムでファンになった数少ない人か、孔雀王で知った人か、アルフィー高見沢氏のファンか、女優の泉本のり子のファンか、それくらいだろう。

私も正直、このバンドを知った理由は孔雀王のエンディングテーマである笑。高見沢プロデュース、ラウドネスの樋っつぁん参加による「レプリカント・スキャンダル」という曲が孔雀王のEDテーマに使用されたことで、この1曲だけがそれなりに知られることとなった。それなりに知られただけで決してヒットしていないので、一発屋ですらないのである。

後にアルバム1枚を丸々聴いてみると、レプリカント・・・よりもバンドだけで作られた曲のほうが個性が出ており良い感じである(レプリカント・・・は典型的な高見沢節がなあ苦笑)。ヴォーカルは後に女優・タレントに転身する泉本のり子で、可哀想なことに「声がおばさん臭い」などとレビューに書かれたりもしていた。

でも、例えば浜田麻里みたいなキンキンの高音タイプよりも、泉本のり子のような湿った声質のほうが私は好きなのだが・・・実際、ここにアップした曲など、どこか陰や暗さを感じさせる泉本のり子の声でなければ合わなかっただろう。

台風が近づいている。いや、既に上陸して通過しようとしているのか。激しい雨が降り続くこんな日は、物悲しいこの曲が脳内で再生される。雨の日はどうしても好きになれない。早く土砂降りの雨が通り過ぎてくれないと。


でも、こんな土砂降りの日でも嬉しいことがあった!大切な人のお母さまが、精密検査からの再検査を今日受けられたのだが、悪いところはなかったとご連絡を頂いたのである!ラインを見た時、心から安堵しました。よかった・・・😢

ただ、大切な人によると、お母さまは体調がまだ優れない感じだという・・・精密検査を受けても不調の原因が分からないということは、不安など精神的要因によるものかもしれない。。

長年、共にずっと寄り添ってきた大切な存在が終末期を迎える。そのことが、どれほどつらいか。たった40年程度を独身のままで生きてきた私には、理解したくても分からないのだろう・・・。

私に出来ることは、定期的にお母さまにラインを送ることくらいかもしれない。少しでも、大切な人とお母さまの力にならないといけない。お受けした御恩は一生忘れられない。自分でも出来ることを探して、少しでも支えにならねばならない。

冬になる頃には、少しずついい流れが出来上がっていくといいなぁ・・・。クリスマスには素敵なプレゼントを贈って、遠く離れていても心温まる年末を迎えたい。家だと心が冷える一方なもので😓

関係ないけど、予てからの懸案事項であるPCの重病・KP41病頻発の原因が分かったかもしれない。PCの設定を全て高パフォーマンスにしていたのだけど、それを落としたら安定した動作を保っている。無理させ過ぎていたかもしれない。

PCを買い替える覚悟だったけど、どうやら買い替えしなくてもよくなりそう・・・数万円の出費を抑えられる、助かった。たった数万円で助かったとか、まさかこんなに一気にキングボンビーになるなんて・・・😭😭😭

でも、もう一度立ち上がって見せるさ!