どん底からのぼれろ

自作のり弁当を食す!🍱🥢


今日の夕食は、のり弁っぽいものを意識して自作した似非のり弁と味噌汁です(苦笑)。


今や入手が難しくなってしまったロシア産の天然塩鮭を魚焼きコンロでじっくり焼きます。鮭は1切れでタンパク質が15㎎前後摂取できるし、他にも栄養が満点の食材です。

しかしチリ産やノルウェー産の養殖だと抗生物質やワクチンがたっぷり使用されており、海外の研究によると1年で3~6切れを食べるくらいにしておいたほうが良い、と報告されているそうです。その点、ロシア産や北海道産の天然鮭は安心して食べられます。しかも身が締まっており美味しいです。


のり弁と言えば、おかずとして定番は謎の白身魚のフライでしょう。しかし私はグルテンフリー実践中の為、普通にフライを作る訳にはいきません。よって御覧の通り米パン粉と米粉(&溶き卵)を使って衣をつけます。


使用した白身魚は鱈です。米パン粉の欠点は、普通のパン粉と比べて固くてパラパラとしている為にどうしても衣としてくっつきにくい点にあります。手に持つだけで衣が剥がれそうです。でも、グルテンフリーに挑む価値はアレルギーの無い普通の方でも大いにありそうですよ。

グルテンは消化されにくく、腸壁にべっとりとくっついて腸内に慢性炎症を引き起こします。そうなると謎の怠さややる気が起こらないといった体調不良、さらに何らかのアレルギーが徐々に出てきます。

恐ろしいのは、腸と脳には相関関係(腸脳関係)があり、腸の慢性炎症が脳に影響を及ぼし、これがメンタル疾患やアルツハイマー病を引き起こすことが研究で判明しています。腸内を常に健康な状態にしておくことは、体調だけではなく脳も元気にしてくれるのです。グルテンは万病の素と言っても過言ではないでしょう。


160℃くらいの温度でじっくり揚げていくやで~。使用している油は米油ですが、揚げ油として使うには本当はどの油がベストなんやろか、オリーブ?😦


とりあえず鮭と白身魚のフライは完成っと。


本当はきんぴらごぼうか玉子焼きでも作ったら良いのでしょうが、一人分を作る為に卵2個とか使うのもなあ・・・と言うことで、毎度おなじみ倉敷花桜ハムさんの無添加ソーセージを入れることに。


一般的なウインナーソーセージ類やハムベーコンに必ず使用されている次亜塩素酸Naは発ガン性がある他、なんと腸内フローラを殺してしまうことも知りました。毎日のように一般的なハムソーを食べている人は、マジで腸内環境がかなり悪化していると思いますよ🙄


さあ、スーパーで買ってきた使い捨て弁当箱に詰め込んでいくぜ!まずは大切な人のお母様から頂いた、恋の予感3分づき米でごわす。これが美味しいんですよ本当に。


かつお節に醤油をかけておかかご飯状態にしてっと・・・。


焼き海苔を1枚そのまま乗せて・・・。


おかずを配置していくだよ😋

 

 

・・・🙄🍱

 

 


・・・・という訳で似非のり弁当の出来上がり!これだけだと野菜が無くて栄養面で偏ってしまうので、いつもの野菜たっぷり赤味噌の味噌汁も作りました。


どうですか、この野菜っ気のなさ!でものり弁ってちくわの磯部揚げとか玉子焼きとか、大体そんなもんだよね。こんなのでいいんだよこんなので😋


では、おかかご飯をいただきまーす!うん、これはアナタ!味は最高に美味しいけど海苔がしっかりしているのでめっちゃ食べにくいぞ😧


のり弁にソーセージは邪道かもしれませんが、美味しく食べられたらなんでもええのです。


ん?そういえばのり弁に鮭って普通は入っていないっけ?ほか弁やほっともっとを2年近く食べていないので、のり弁がどんな感じだったか忘れてしまった。


白身魚のフライにかかっているのはウスターソースです。私は愛知県育ちの大阪育ちの雑種なので醤油でもウスターでもどちらでも美味しく食べられる派ですが、今日は久々にウスターソースにしました。


さすがにタルタルソースを作る時間的余裕がなく(味噌汁や揚げ物でコンロが塞がってしまっていたし・・・)、今回は単なるキューピーマヨをつけていただきます。でも、これはこれで美味しいでっせ!😍


ここで、いつもの野菜だらけ味噌汁をずずずっと・・・土井善晴先生が提唱する一汁一菜、これに文句をつける専門家もいますが私は良いと思います。実際、味噌汁に野菜をたくさん入れるだけなので働きながら作る側として非常に楽です。

専業主婦であっても、子供の世話や家事に追われる中でおかずをあれやこれやと作るのは大変なはずです。疲弊してキッチンに立つことが苦痛になってしまっては意味がありません。一汁一菜に文句をつけている料理専門家は、その辺りが全く分かっちゃいない。


舞茸、ごぼう(ストックがある場合は菊芋)、切り干し大根は必ず入れるようにしています。今回は他に何を入れたっけ、白菜とニンジンと玉ねぎと・・・あと忘れた😑


非常に美味しくて個人的に満足ですが、不満があるとすれば海苔を破るのが大変で・・・そこそこ高い海苔を買ったんですよ。でも、のり弁を作るなら安くて薄っぺらい焼き海苔のほうがええでんな。高くてしっかりした海苔だと食べるの大変やわ😧


ということで、自作の似非のり弁でした。お子さんがいる方は意外と楽でおすすめかもしれませんよ。玉子焼きとかきんぴらごぼうを乗せて彩りを綺麗にして、もう一品、味噌汁辺りを作れば立派な夕食です。

 

・・・🙄

 

海外製品や海外製の原料を仕入れて日本で製造販売している商品がコスト上昇で値上がりした場合、GDPにおける付加価値の一部(物価上昇分)は当然外国に流れます。日本人は豊かにならないまま、数字上はGDPだけ上昇してインフレ状態になります。

これがコストプッシュ増税、もしくはコストプッシュインフレと呼ばれる状況です。増税をしていないが、輸入品のコスト上昇により私たち庶民の所得は上がらないまま、利用するあらゆるサービスにおいて増税に等しい値上げが起きているという状況です。

でも財務省はこう言うでしょう、「GDPが回復している。デフレ脱却をした証拠だ。増税しましょう!」と。現に財務省と岸田はその路線です。

・・・と、別ブログでこんなことを書いた途端に、NHKが相変わらず国の借金1241兆円とか報道していましたな。役人がマスコミを使って嘘の情報を流し危機を煽るとか、我々を馬鹿にしているとか思えないですな。

日本の財政危機とやらを作り出そうとしているのは財務省です。コストプッシュインフレで国民が苦しんでいるにも関わらず、アイツら絶対に増税すると書いたら本当に増税する流れになりそうですよ(笑)。

借金1241兆というのは国債発行残高のことです。経済の基本を知っていたら分かることですが、自国通貨建て国債を発行できて、かつ変動相場制を採用している一定以上の経済規模を誇る大国(日本、アメリカ、イギリスなど)は、通貨を事実上無限に発行できるのです。無敵です。

このことは財務省が海外投資家向けにハッキリと明記しています。一方で私たち国民には破綻すると真逆のことを言っています。その意図は危機を煽り増税させたいのです。それと国債とは借金ではありません。騙されないように気を付けてください。

話を軌道修正しますと、世界的な信用があり経済が非常に安定している日本がデフォルトなど有り得ません(そんなことが起きたら世界的な通貨危機ですよ苦笑)。しかも金融緩和政策により、政府が発行した日本国債日本銀行が半分保有しています。日銀保有国債利息収入は最新令和2年度で1.1兆円。国庫納付金額が約1.1兆円。つまり国が500兆を超える国債保有し利息収入分もしっかり貯めています。

国債の償還については借換債で行っており、国の財政にも民間経済にも何ら負担になっていません。増税しないと破綻とか、1000兆円超の借金とか大法螺吹きもいいところです。

ただ、今の日本経済はミルトン・フリードマンが提唱する新自由主義スタイルです。企業は株主を最も優遇し、株主の意見に従い、利益を株主に最も多く還元するスタイルです。社員たちは使い捨ての駒です。だから内部留保は増える一方なのに、日本国民の多くは給料が上がらず貧しいままなのです。

今、日本の防衛費を増やすべきという声が国民からも上がっているでしょう。財政制度等審議会の分科会(←単なる財務省のカモフラージュ会議)が「国債を発行して防衛費を積み増ししたら経済金融を不安定化させて脆弱性を高めてしまう!国民負担の引き上げか、他分野の歳出削減のどちらかをすべき」と提言しています。つまり増税かサービスの品質低下のどちらかと言っているのです。

財務省はどうしても国力を落としたいらしいですね。日本人の所得は増えず、コストプッシュインフレが襲っているこの状況で、さらなる増税を平気で口にできるのが財務省の役人です。そして、それを平気で実行できるのが岸田という経済に関して無知な人間です(日経CNBC支持率調査で3%という衝撃の数字が物語っているでしょう)。

私が言っていた、国を内部から崩壊させていく売国政治家たちや役人が、いよいよ本格的に動き出しそうですね。そして企業に新自由主義思想を叩き込み、財務省を徹底した緊縮財政路線に導いた張本人は小泉純一郎竹中平蔵ユダヤ金融ゴールドマンサックスのデービッド・アトキンソンです。

増税などしなくても、国債を発行すれば私たちは苦しまなくても済む。皆さん騙されないように知識を身につけて増税に立ち向かう時です。政府役人に依頼されて財政破綻を煽っている専門家や学者(主に慶応義塾大学)、池上彰みたいな人間の嘘に騙されないように気をつけましょう🙄