どん底からのぼれろ

赤マンボウ(マンダイ)のバター醤油丼🍚🐟


本日の夕食は、赤マンボウのバター醤油丼です。本来マグロで作る丼を赤マンボウで作ってみました😋🐟


先日の余りの赤マンボウの切り身を使います。見た目は本当にマグロですよね。


そしてもう1つ用意する材料は白ネギでございます。まずネギを焼きます。適当なサイズに切っていきますじゃ。


油を軽くひいて、最初はやや強火で焼き色を付け、途中から弱火でじっくり加熱して甘みを引き出していくだよ。しっかり焼いたら一旦、別皿に取り出しておきます。


続いて赤マンボウちゃんを焼きます。こちらは蓋(無ければアルミホイルを蓋代わりに被せても良い)をして、最初から弱火でじっくりゆっくりと過熱していきます。私は塩コショウをしませんが、この辺りは好みでどうぞ。4~5分くらいしたら引っくり返します。


うむ、良い感じに焼けてきた。片面も2分か3分ほど焼いたら焼き上がりです。


取り出して包丁で一口サイズに切っていきますよ。


丼にご飯を盛り、赤マンボウと焼いたネギを並べます。


さあソース作りだ。バター適量を用意。当方はいつもニュージーランドグラスフェッドバターを使っております。


フライパンにバターを入れて弱火で熱します。中-強火だとあっという間に焦げて苦みが出てしまうので注意。続いて醤油1に対してみりん1&砂糖0.5くらいの割合で、少し甘めのバター醤油ソースを作ります。この辺りは好みで分量を変えましょう。


ソースをかけたら赤マンボウちゃんの丼が完成じゃあ😍

 

 

・・・🙄🐟

 

 


という訳で、本日の夕食「赤マンボウのバター醬油丼・赤味噌の味噌汁つき」完成で御座います。では、いただきます😌


うん、これは簡単だけど美味しいぞー!ちなみに本当はマグロの短冊を使って作ってきた料理なんどす。マグロを使う時は生食用を買ってきて、周囲だけ軽く焼いて中が少々赤い状態を切って食べるのです。赤マンボウでも生食用なら同じやり方で大丈夫でしょうが、如何せんこれは加熱用なので・・・。


バター醤油ソースがかかったご飯も美味しい!恋の予感三分づき美味しいです😍


コツはとにかくネギを辛抱強く弱火でじっくりと焼くこと。強火で焼くと中までしっかり火が通っていない場合があり美味しさも半減です。中までとろとろになるまで焼くことでネギの甘みが生きて、より美味しい丼になります。


こう見るとネギマ丼に見えなくもないですよね。バター醤油ソースでなくても、焼き鳥のタレ風ソースで作っても美味しいかもしれませんなあ。


毎度お馴染み、無添加八丁味噌を使った野菜だらけ味噌汁です。私は1日1食なので、とにかく野菜をここでしっかり取るように心掛けております。


いやぁ~、ネギマグロならぬネギマンボウ美味しいでんがなあ~😂


これは小さなお子さんでも喜んで食べてくれる味だと思います。バター醤油を嫌いな人はいませんもんね。


ということで、赤マンボウのバター醤油丼でした。美味しかった、ごっそさーん。明日は何を食べようかな🤭