どん底からのぼれろ

たくさんの贈り物が届く夏!


夕方帰宅すると、大切な人とお母様からの荷物が届いておりました。開けると、たくさんの野菜と果物にお米が入っておりました。さらにソマルカシャンプーまで・・・本当にありがとうございます!感謝しております😭


お母様の手作りらっきょうに、新たに手作り茄子のからし漬けまで!そして大きくて綺麗な梨も!明日は蕎麦やめてご飯食べよう!😳


小松菜を始め、ナスやキュウリなど夏野菜も頂きました。今年は酷暑の為、野菜が葉焼けを起こすなど状態が良くないとのことですが、それでも御覧の通り綺麗な小松菜です。

今年は地場産野菜売り場に置いてある野菜の数が非常に少ないのですが、酷暑で野菜があまり育たない状態なのでしょうね。スーパーで久々に普通の野菜売り場を見ると、めちゃくちゃ値段が上がっていました。玉ねぎ1個128円て!ナスビ3本298円、キャベツも1玉298円!ちょっとびっくりしてしまいました。

異常な暑さが続いていますが、地球自体は確実に氷河期に向かっているみたいです。世界的に、特に日本は食品ロスが異常に多いですよね。食品を中心とした生ごみを焼却すると水蒸気が大量に発生します。凄い量の生ごみが日々、燃やされて水蒸気=温室効果ガスとなり地球を暖めているのです。原因は基本生ゴミ、それも食品です。

ってことは、ビル・ゲイツたちが強引に推し進めている環境保護活動は無意味では?と思われるでしょう。そうです、無意味です。でも、牛などの家畜に温暖化とやらの責任を擦り付けて畜肉を駆逐し、自分が作っている遺伝子作物(大豆)から作られるソイミートを売りつけたら儲かるでしょ。それだけの理由ですよ。

だからゲイツは偽善野郎だと、欧州の畜産農家たちがデモを起こしているのです。以前に、グレタ・トゥーンベリはゼレンスキーと同じく利用されているだけのパペットと書きましたが、これで繋がってきたでしょう。グレタも単に支配層のキャンペーン推進に利用されているだけです。それを自分で分かっていないんですグレタちゃんはアホだから🤭

結局ですな、LGBTにしても地球温暖化にしても、支配層の金儲けの為に作られたキャンペーンなんですよ。SDGsもそう。温暖化は、人類が生ごみを大量に燃やして温室効果ガスを排出しているから暖かくなっているだけなんどす。むしろ氷河期到来を抑えることができていると考えるべきどす。

氷河期になってしまうと死人が大量に出るというデータは既にありますからなあ。寒いと作物は育たず、家畜だって死ぬ。人は心疾患系の病で死にやすくなりますからね。支配層だけ暖房をガンガンに効かせて、大衆はエネルギー不足だから死んどけってなるかな🤔


さっと50秒ほど茹でて冷凍保存しておこう😊


ありゃ、茹でた後のフライパンを見ると虫さんが・・・しっかり洗ったつもりだったけどやってもた、虫ちゃんごめん殺生してもうた🐛😱


ラップに少量ずつ包んで冷凍保存しておこう。買った野菜に虫がいたらぎゃーぎゃー騒ぐ人がいるけど、虫が食べるくらい農薬が少なくて安全な証拠なのになあ。ネオニコチノイドがたんまりかかった綺麗な野菜を食べ続けて、次第に脳神経がやられてメンタル疾患になったり発達障害になるほうが辛いじゃろうに😧

明日は豚肉と小松菜で味噌マヨ炒めでも作ろうかな。野菜があまりに高くて、しかも地場野菜が置いてなくて、これは暫くキノコ類メインで乗り切るしかないか、と思っていたところだったのでとても助かります。心から感謝しかありません、大切な人もお母様も本当にありがとうございます!

 

 


ちなみに、こちらはアマゾンで注文したものが本日届きました。韃靼蕎麦ばかり食べているのもアレなんで、そば茶を実ごと味噌汁に入れて飲むのもアリかな、とポチってしまいました。野菜を少し買うだけで軽く1000円を超えるので、それならこっちでええかと思ったのです。あとは魚や肉とご飯、味噌汁などをがっつり食べておけば、栄養もしっかり摂れて健康を維持できるかと。


それともう1つ、古代小麦スペルト小麦で作られたパスタを注文しました。500gで700円、プライム会員だから送料も無料。そんな訳で、今回はZENBヌードルではなくこちらをポチったのです。ちなみに大切な人にも1つ、お試しで送りました😳


普通の小麦と違い、スペルト小麦はグルテンが殆ど含まれておりません。その為、炎症性腸疾患を患う人やグルテン不耐症の人でも問題なく食べられます。栄養価もスペルト小麦のほうが高いです。このパスタは全粒粉なので、スペルト小麦の栄養価を余すことなく摂取できます。初体験になりますが、美味しければZENB以外の選択肢が出来るので楽しみです。

大切な人の体調が心身ともにあまり良くない感じです。私が医師なら、医師の権限で色々と食事制限を指導するところですが、でも好きなものを食べるという楽しみが無いと誰だって辛いですよね。食を制限されてストレスで逆に潰れてしまったら意味が無い。だからそれはやっぱり出来ない。

食べ物は、どれだけ健康に良いとされるものでも基本は体にとって毒なんです。食べ物から毒と栄養を摂取して、体の臓器が毒素だけを濾過して排出してくれるように出来ています。

でも、今、スーパーやコンビニ、飲食店に溢れている食品は栄養が殆ど無くて毒がメインなんですよね。だから体の解毒機能が追い付かなくなるし、栄養不足でそもそも機能自体が衰えてゆくのです。

結果、病気になる。特に体が悲鳴を上げている典型的なサインは癌です。癌になる根本的な原因は食であることが殆どです。昔は殆ど無に近い存在だった癌が、どうして今は2人に1人が罹患するほどメジャーになったか。考えたら簡単に分かることですよね。

だから癌はそれほど怯えるものではなく、知識をしっかり入れて体質改善や食と生活の改善を心掛けていけば、上手く共生できたり、場合によっては消滅だって可能なのです。でも、多くの人は薬剤や手術に頼ってしまう・・・。

同じように、あらゆる病気は食や生活習慣が原因で発生する。精神疾患も同様であると私は考えています。ただ、大切な人は辛い過去や炎症性腸疾患など別要因が絡むことで、他の人よりも寛解に辿り着くまでが長くなる可能性があります。特に夏場は炎症性腸疾患の影響で、体調もメンタルも悪影響が出やすくなっているはず。それで体調が優れない日々が続いているのではないかと思います。

秋に差し掛かれば、気温の影響で体調を崩すことも無くなってくるでしょうし、オーソモレキュラー療法の効果も順調に行けば出てくると思います。それと、実験的に酪酸菌を投入します。以前にも書いた通り、酪酸菌を用いたシンバイオティクスで潰瘍性大腸炎が改善した医療データも出ています。

ただ、これは小規模なデータで、酪酸菌を服用しても特に効果が無かったという患者の声も実際にあります。効果があるかないか、様子を見ながら1ヵ月ほど続けて貰いたいと考えております。ビオフェルミンよりもミヤリサンのほうが効果があるという声が多いのも事実なので期待です。

とにかく私は彼女を救いたい。というか救わなければならない。これを達成出来たら、ひとまず第一目標はクリアというところか。まず、彼女を元気にすることなんですよ。だから調べることがまだたんまりある。仕事だとゲンナリするでしょうが、救うという目的があると全く違いますな、燃えてきますよ。がんばる🐘!そしてたくさんの野菜や果物ありがとうございました😳