どん底からのぼれろ

単なる日記 2022年11月号

11月30日(水)

ある出来事をきっかけに、大切な人のうつ病の状態が非常に悪くなった。複数の心身の症状が長期に及び繰り返し現れる状態を、かつて「大うつ病性障害」と呼んでいた。再発性エピソード(トラウマ経験など)を特徴とした慢性疾患であり、過去の経験が起因となる場合が多いことから発症年齢は20代後半以降が多い。

以前にレキサルティが処方されたが、担当医は再発性エピソードによる大うつと判断したのだろう。お母様の尽力もあり、栄養状態は今はそれなりに解消されていると思う(まだ完全ではないと考えられる)が、再発性エピソードを克服するだけのエネルギーが必要となってくる。これが大きな課題となる。

うつ病患者は、左右前頭葉の通信バランスに障害が起こっていると個人的に勝手に考えているがどうだろう。左前頭葉がプラスなら右前頭葉はマイナスだが、マイナス作用が強く働きアンバランスとなり、感情操作を筆頭に、思考・記憶・決断・判断などが正常な状態に移行できなくなっているのではないだろうか。

私が尊敬する、解剖学の権威である養老孟司氏が、癲癇患者や脳腫瘍患者の術後例を出し、人間は脳の中に2人が存在していると話していたが、これは非常に理解できる。

脳は前頭葉頭頂葉など部位が細かく存在するが、大雑把に分けると、人間は左脳と右脳にそれぞれの人格を持っている。この2つがバランスを取り合うことで、私たちは1つの人格を有しているように感じている。

だが、ストレスや外傷ダメージなどによりバランスが崩れると、左右の人格がバラバラに動くのである。脳梗塞で脳に大ダメージを負った私の母を見ていると分かる。ポジティブな人格Aが外出する気分で動き出すと、ネガティブなBが「嫌だ」と逆の動きを見せることが度々ある。こういったことが多々あるのだ。左右の脳の通信と制御が壊れている証拠だ。

うつ病双極性障害発達障害、ひきこもり等も、仕組みや度合いは違えど同様の状態が起こっていると考えられる。というより、片方が1人で動いて、もう片方は寝ている状態に近い。うつ病双極性障害の人が、躁状態鬱状態が分離して現れるのも、この為だろう。

通常、人は右前頭葉が人生の未来地図を示し、左前頭葉が現在地と目的地を示そうとするが、それが機能していないと精神や言動に影響が現れる。地図だけが示されており、自分が今どこにいるか、何処に向かえばよいか、それが分からず迷子になっている状態ではないか。

こうなると人は、自己嫌悪に陥ったり、気力を失ったり、最悪は死を選ぶこともある。脳の中には自分自身と道標・案内役の自分がおり、いわばネガティブとポジティブ、この2人が上手く手を取り合わないと、片方に寄ってしまうと駄目になってしまうということなのである。

大切な人は、案内役とはぐれて連絡が取れない迷子の状態になっている。これは、エネルギーの大きさにも関係してくるのだろう。ともあれ、私に何ができるか、今一度、考え直さなくてはならない。

 

 

11月28日(月)

ごく短期間(数日)だがブログから離れたい。ブログ内を整理したいと思った理由の1つは、毎日書き続けるという日記ブログの体で運営開始した結果、質の低い記事が量産されたことである。昔は、ウェブログと言えば日記サイトとして利用することが前提だった。当サイトもそうだった為、低品質な記事で溢れ返った。

だが、今やウェブログの存在意義は変わった。求められる情報を発信する1つのツールとなっている。また、ウェブログの構造上、大量の日記記事に埋もれることで、訪問者のみならず管理者自身も必要とする重要な情報が検索し辛くなってしまう。その為、整理する必要があると感じたことがまず1つだ。

2つ目に、発信したい内容と実際の投稿記事の内容の乖離だ。ブログ開始当初とは私の人間性も知識量も変わった。本当はもっと正確に、詳細に伝えたい情報がある。だが、時間的制約で中途半端に書き終えたり、或いはテーマに触れることすら出来ぬまま過ぎてゆくのが圧倒的だ。そもそも投稿前の校閲などチェックすら出来ていない。一発投稿なのである。ゆえに所々がおかしい記事だらけだ。

これらの要因が重なり、不完全で中途半端な駄記事が量産され、結果として私自身のモチベーション維持が困難になりつつあった。料理、大切な人のこと、コロナ、どのテーマの記事であっても、時間をかけて、もう少しまとまりのある内容に仕上げたいと思うことばかりであった。

それともう1つはスランプに近い。漫画家や作家にうつ病や失踪者、或いは軽犯罪に走る者が多い理由が、ブログを書き続けることで何となく理解できるようになってくる。求められるクオリティを捻り出せなくなった時、焦りが生じ、徐々に精神が追い詰められてくるのだ。

私のような、特に大したアクセス数も何もないウェブログ運営者でこれだ。商業作家たちの精神脅迫観念たるや、凄まじいものがあるのだろう。常にアイディアを生み出し続け、死の間際まで仕事に生き続けた手塚治虫はそういう意味で狂人だったのだ。私を含む多くの人間は、吾妻ひでお側なのである。

 

 

11月24日(木)

塩野義のゾコーバが緊急承認となったが、禁忌項目が多過ぎてリスク山盛りの薬みたいですなあ。しかも初期の軽症にしか効果がないという。そんなリスクしかないような薬を緊急承認して、効果が確認されている上に今のところリスクが見当たらないイベルが完全スルーされているところに色々と闇を感じる。

ところで、ウクライナが米国から受け取った支援金を全額FTXに入金して、米民主党を中心に共和党グローバリストにもFTXを通してロンダリングした金を送金していた件を、日本のメディアはどうして完全スルーしているのか。

FTX利用者には今回の件で億単位の損失を出した日本人もいる。FTX破綻から仮想通貨取引所の破綻の連鎖が始まりつつあるのに、その件も含めてメディアが取り上げない理由はなぜだ?この問題は金融業界全体にとって大事件だと思うが。広告塔にさせられた大谷翔平にまで被害が及んでいるみたいだし、メディアが飛びつきそうな案件ではないか。

破綻の原因が、米民主党議員への献金や、バランスシートの「トランプを負かす」項目などヤバすぎる理由ばかりだからかな?米国人たちの善意をゼレンスキーが利用して、グローバリストたちの懐に全て納められたからかな?戦争を利用したグローバリストたちの集金システムがバレそうだからかな?🤭

今回の件は、軍産複合体やCIA絡みの大規模ロンダリングが行われていた1991年のBCCI破綻と非常によく似た背景がある。BCCI英米を中心としたグローバリストが、戦争や紛争マネーを利用しロンダリングして、敵対する政権打倒のための資金や自分たちの私腹を肥やす仕組みだった。

今回はその役割が仮想通貨業者FTXになっただけだ。背後に英米グローバリストが絡んでいる構図も全く同じだ。ウクライナ紛争はその為に意図して引き起こされたのではないのか?ゼレンスキーはFTXを知らない筈がないぞ、ウクライナに送金された支援金をFTXに入れてから米グローバリストたちの口座に送金していたのだから。

米国から送金された支援金が、ウクライナとFTXを通して再び米国に戻り、その金は米民主党議員たちの中間選挙資金やポケットマネーと化した。それとは別にFTXは「トランプ潰し」の為に別の資金を用意していた!まるでBCCIそのままではないか。

だが、日本人の多くはBCCIの件も含めて知らない。どちらも大事件であるにも関わらず、メディアが意図的にスルーするからだ。つまり活字映像ネットを含む日本のメディア全てが、ディープステートと呼ばれるグローバリストたちの操り人形であることが分かる。今日も日本人はウクライナを応援し続ける。

無知は罪であると言うが、ソクラテスの言葉通りだ。本当の意味での戦争犯罪国家を、何も知らずに応援しているのだから。皆が送り届けたはずの義援金も、恐らくはFTXを通して戦争犯罪者たちの懐に収められたことだろう。ヤフーとか、未だにウクライナ義援金を集めているけど孫のハゲとか馬鹿ジャネーノ😑

 

 

11月24日(木)


ディープステートの超大物ジョージ・ソロスが死んだという情報が飛び交っている。まだ真偽が不明だが、もし事実だとすると、ソロスが推し進めてきた国連を中心とする統一世界政府を創設する流れはどうなるのだろうか。

世界を操るDSの3大派閥はソロス、ゲイツ、シュワブだ。仮にソロスが消えたとなると、ゲイツとシュワブの2人が主導していくことになる。

クラウス・シュワブは世界経済フォーラム主催者で、マルクス主義信奉者だ。ニュージーランドキチガイ首相ジャシンダ・アーダーンはシュワブの教え子である。社会主義思想のリーダーを育て各国に送り込み、全体支配を狙う。

ゲイツは祖父の代からプラント・ペアレントフッド(全米家族計画連盟)の中心人物として知られる。表向きの顔は無害なコンピューターオタクだが、裏の顔は祖父の代からマイノリティを減らす人口削減計画を実施してきた一族だ。ゲイツ一族が仕切ってきたワクチン開発及び遺伝子組み換え技術は、人類の削減と統制が目的にあると考えられる。


一方、ゲイツと組み、新型コロナパンデミックを拡大させた元凶である米国医療最高顧問アンソニー・ファウチが、ついに退任した。ファウチは、ビタミンD、イベルメクチン、ハイドロキシクロロキン(HCQ))といった、トランプ政権によってコロナに有効と認定された成分や医薬品を尽く否定し、潰していった。

だが、ファウチには数々の矛盾点がある。まず、2005年の時点でコロナウイルスSARSに対しHCQが有効であると著書で述べている。コロナパンデミックが起こる前の2017年には、あらゆるウイルス感染予防にはビタミンCとビタミンDが有効で、自分も毎日服用していると述べている!

2020年初期のパンデミック時には、マスクは却って感染症リスクを高めるため無意味だ、私はマスクをしないと発言している。ワクチンは効果が証明されておらず、むしろコロナを強毒化させる可能性があると述べている。国立アレルギー感染症研究所の所長として、そして米国医療最高顧問として発言しているのだ。

ところが昨年、ゲイツと組むようになり(当方の別ブログでもゲイツとファウチが共に行動する写真と記事を昨年6月に投稿した)、発言が突然180度変化した。「ビタミン類は無意味」「HCQもイベルメクチンも無意味」「マスクをしろ、出来れば2重にマスクしろ」「ワクチン接種しろ!」こうして米国は一時、地獄絵図と化した。

私はイベルに効果があると自分の人体実験で確信しているし、ビタミンCやDも必須だと確信している。そしてマスクはしない。商業施設や電車など、同調圧力がかかる場ではルールとして仕方なくするが、外ではしない。大体、息苦しくて暑苦しいんだよ糞が😑

ソロスに関する真偽不明の情報にファウチ退任。DSによる世界支配が次のステージに移ろうとしていることは確かだ。良い方向に動くことを願うが、世界、日本や欧州は特にDS支配による悪い流れが加速している(グローバリストによる支配は著名な政治専門家たちも指摘している)。岸田のカスを早く排除しないといかん。安倍ちゃんはこの世にいないし・・・トランプとプーチン助けて😭

 

 

11月23日(水)


おはようございます。夕食用の味噌汁を作り終えて一息ついているところでござんす。昨日は起きたらこの時間だったのと、帰宅後に色々とあり夕食の準備に取り掛かれず、サバの水煮缶と納豆とご飯が夕食だった。もはや酒飲みのツマミじゃ笑。

それはさておき、この非加熱蜂蜜を購入したのが確か1ヵ月ほど前だったか。それまで化粧水代わりに「にがり水」を塗っていたけど、蜂蜜購入後、100均で売っている小さなスプレーボトルに蜂蜜5,6滴+にがり小さじ1杯+精製水を入れた「蜂蜜にがり水」を作り、化粧水代わりにしている。

これが想像以上に調子が良い。乳液的なものを一切塗らなくても肌は1日しっとりしている。入浴後には髪の毛や髪の根元に直接スプレーしているが、気のせいか髪のパサつきが少し収まってきた感じがする。

髪のパサつきの原因の多くは加齢に加えて、髪の乾燥と栄養不足、あと血流障害だ。髪は栄養が最も後回しにされる場所であり、栄養不足だと髪にまで栄養が配分されない。髪は心臓から最も遠い位置にある為、血流が悪いとそもそも必須成分そのものが髪に行き渡らない。

蜂蜜は血流改善効果があり、保湿効果も高く、このハニーデューはマヌカハニーよりも栄養価が高いので、髪、毛根、地肌にとって少なくとも悪い要素は何1つないはずだ。

ついでに朝晩、目薬代わりに点しているが、こちらの効果は今のところ不明。安易に真似をしたらいけませんぜ笑。かつて先住民族などが蜂蜜やマヌカハニーを目薬として使用していたり、にがり水も目薬代わりに使われている。アーユルヴェーダではギーを目に点す。

市販の目薬の多くは防腐剤や添加物が使われており、却って乾燥を招くなどすると聞く。ゆえに人体実験的に蜂蜜目薬を試している。蜂蜜を使った髪の毛のパサつき回復具合や目薬効果など、後日まとめて記事にしてみたい。

イベルメクチンにしてもそうだが、実際に服用や使用していない人間たちが危険だの安全だのと言っても所詮は推測でしかない。SNSなどを見ると相変わらず「イベルはコロに効果なし」「イベル推進者は陰謀論者」と攻撃的に投稿している人間を見かけるが、使っていない人間の妄想ほどゴミで無駄なものはない。

自己責任で人体実験をした上で、初めて言う資格を得られるのである。ただ、イベルは現時点で予防目的の常用は推奨しない。私も半年間しか服用しておらず、その長期的影響は未知だ。陽性・感染した時のみ使用がベターだろう。それよりはビタミンC、D、亜鉛などをしっかり摂取し、免疫力を高める生活習慣を心掛けることが大切である。

私は引き続き、イベルメクチンを毎日服用&手を洗わずにご飯を作り食す人体実験企画「新コロさんいらっしゃい」を続けていくぞ!😾

 

 

11月19日(土)


最近、雲が多くて朝日が差し込んでこない。でも、綺麗な朝焼けを拝むだけで日常で汚れた心が浄化されるようだ。早起きは三文の徳らしいが、確かにちょびっと得した気持ちで1日をスタートさせられる。

そして最近は大切な人が夢によく出てくる。シチュエーションが様々で、互いに学生で同級生という状況での学校生活の場だったり、よく分からん廃墟っぽい場所を一緒に探索していたり、普通に会話している夢だったり、割と頻繁に出てくる。

「夢占いでは、好きな人が頻繁に出てくる場合、あなたが心身ともに疲れていることの表れだと言われています。好きな人に癒しを求めている以下略」・・・えっ!?そうなん?良くないことが起こる前兆みたいな書かれ方しとるよ!😱

しかし、海外の科学系サイトだと解釈は全く違う。寝る直前にその人のことを考えていた場合に夢を見やすい他、あなたにとってその人物が非常に重要な存在であることを脳が位置付けていることを示している。夢は潜在意識と経験の産物であり、その人物のことをあなたが無意識に思考していることを示している・・・なるほど、やっぱ占いなんぞと書いていることが違うわ😲

その大切な人向けに昨夜もオーソモレキュラーに関する情報を調べていたが、日本のサイトを調べると「海外サプリ批判」が必ず出てくる。オーソモレキュラーを推奨する医師からも批判がある。内容は両極端で、海外サプリは高容量過ぎるから危険であり却って体を壊すというものと、市販サプリなどどれも無意味というものである。

前者は相変わらずビタミンD3の例を出し「通常1000UIで十分な所を5000UIも摂ると過剰摂取」という、1000UIのDHCが良いよ的なお決まり批判だが、お前は吸収率を考えていないのかとツッコみたくなる内容ばかりである。

後者は90年代の古いデータを持ち出して医療用サプリ以外は無意味とする内容だが、今の海外産サプリは昔と比べて吸収率が向上していることは言うまでもない。いつまで20世紀の話をしているのかと言いたくなるものだった。

本当は食品から栄養を吸収することが望ましいが・・・例えば、栄養の宝庫であるブルーベリーパウダーを取り入れることを前々から考えていたが、ただでさえサプリまみれの状態で「これも摂ってね!摂るんだジョー!👿」と押し付けると、彼女がオーソモレキュラーを実行すること自体が苦痛となってしまう恐れがある。

ゆえに、限られた必須栄養素で集中的に行う必要がある。そこにオメガ3は必要なのか?と疑問に思う人も多いことだろう。私の調査と考えでは、うつ病寛解にオメガ3は多めに摂取して丁度良いくらいだと結論が出ている。

5-ALAは全身のミトコンドリア活性に必要だが、まずうつ病寛解が最重要課題である為、細胞膜や脳脂質の改善に必須のオメガ3のほうが重要だ。元気になったら高知県の神社とか一緒に行きたいな、とか色々と考えているから夢に出てくるのかも🦆

必ず元気にしてみせるさ。

 

 

11月18日(金)


今日は朝も早よから夕食用の春巻き作りをしていた。具となる餡を作り、冷まして、皮で巻いて冷蔵庫で保存。帰ったら揚げるぞ~。そして久々に無駄遣いした。フロイドの来日公演ブート2枚。昔はフロイドの良さが分からなかった。理解しようと必死に聴いて結局、分からなかった笑。

それでもフロイドのアルバムやブートは何枚か購入した。狂ったダイアモンドは本当に良い曲だよ。代表作「ダークサイド・・・」は何故かスルーしてしまった。その前後の来日公演を収録したブートを、この年齢になってからじっくり聴くと、いやはや素晴らしいではないか。箱根アフロディーテ公演は名演だね。後日アップップしよう🤭

それはさておき、中国が台湾侵攻に向けて本格的に動き出しそうですなあ。結局、キンペー政権クーデター騒動は蓋を開けて見れば胡錦涛らが失脚で逆の展開となり、ある意味で中国はキンペー独裁による政治安定状態となった。だからこそ台湾侵攻が現実的となり、政府は「緊急事態下」での衆院解散禁止などの改正案を示した。

これは戦争が近付いていることを想定しての動きだと思うがどうだろうか。実際、日本はロシアに正面から喧嘩を売り、ウクライナに今もなお送金を続けて支援しており、既に戦争に片足を突っ込んでいると言っても過言ではない。

京大の藤井聡教授(元安倍内閣官房参与)が、ロシア敵視政策を続けてきた岸田と、同調して一方的なロシア敵視を続ける日本人に対し激怒していた理由はこれだ。自国を守り国益を優先する意味で戦争回避する外交をしなくてはならない時に、政府も日本国民の大半も感情論で正義とやらを振りかざし、ロシアとの対立を深めた。

戦争が現実味を帯びてきた今、日本人はなにを思う。戦争はある日突然、始まる。昨日までの平和が嘘のように。突入して初めて後悔しても遅いのだ。そうならないことを願うが、カギを握るのは来月の米中間選挙の延長戦や下院議長の選出だろう。

この件をマスコミは報道しているのか?大衆は、それを見て意味を理解しているのか?ヤフーを見ると報じられていないみたいだが、やはりマスコミは隠したいか?重大な問題だが、だからこそ左傾メディアたちは右傾化を警戒し真実を隠したいのだろう。心配しなくても大丈夫だ、ワクを接種した人々に戦う元気などないぞ。それが狙いだったのかもな😷

 

 

11月17日(木)

ウクライナがロシア兵捕虜を拷問していたことをAFP通信が報道→報道直後にポーランドにミサイル着弾→ゼレンスキー「ロシアが撃ち込んだ!許せぬ!戦争や!NATOに協力要請や!」→バイデン「いや、あれはロシアではないみたいじゃあ汗」→ポーランドウクライナが撃った弾です」→ゼレンスキー「・・・」

なんだこの漫画みたいな展開は。ディープステート内にも派閥争いがあり、ジョージ・ソロスNATOまで動かして世界大戦に移行させたくない派と思われる。ソロスはだらだらと動きのない戦争が続いてくれるほうが得策なはずだ。

しかし、別の勢力がミサイルを撃つことでNATOを巻き込み戦争拡大を図ったか。だが、バイデンもポーランドも素っ気ない対応に終わった。つまり西側はガチガチの戦争をやる気はないという意思表明と言える。下手にドンパチしてオデッサバイオラボのことがバレたらヤバいもんな。

ヘルソン撤退はロシアが投げたボールとも考えられる。ゼレンスキーはおちんちんでピアノを弾くなど下品な芸ごとで食っていたようなアホだから、こういった政治的駆け引きなど理解出来ないのだろうが。そもそもプーチンと対決など出来るようなレベルの人間ではない。プーチンとの格が違い過ぎる。

ゼレとウクライナを英雄扱いしていたマスコミも、それを真に受けてロシアの悪口を書きまくっていた人たちも、この状況をどう見ているんだ?都合の悪いことはスルーか?ロシアは確かにクソな国だが、一連の紛争はどう見てもウクライナとそれを利用した勢力が悪いはずだろう?

もっとアホは岸田と外務省だ。先月、ウクライナに600億の支援をしている。外国にばら撒きガー!と騒いでいる奴らは、この件についてもばら撒きだと騒がないのか?ウク関連だと、皆、どうしてダンマリするんだ?あんな緩衝地帯でしかない国にどうしてそこまで肩入れするんだ?北朝鮮に武器を売り中国と手を組んでいる国だぞ?そういった不都合な真実にはどうして触れないんだ?

マスコミに簡単に洗脳されやすい日本人と言えど、今回の件でさすがにウクライナがヤバい国だと気付いてくれるといいけどね。ついでにウクライナ21でも見てウクライナ人の人間性でも知っておくといいよ。ロシア系住人に対してアゾフはああいった拷問虐殺をしてきたのだろうさ。公安はどうしてアゾフを指定テロ組織リストから外した?これもCIAからの命令かな?😏

 

 

11月14日(月)

ドイツ「12歳未満のワクチン追加接種認めず」
イスラエル「12歳未満のワクチン接種認めず」
EU連合「追加接種基準は妊婦、高齢者、及び12歳以上の基礎疾患を有する重症化リスクの高い者。12歳未満の接種無し」
フランス「追加接種は60歳以上のみ」
カナダ「追加接種は基本65歳以上。12歳~64歳は本人希望で追加接種可能」
アメリ「追加接種推奨は12歳以上」

岸田&厚労省「5歳から接種努力義務な!」🤣

冗談抜きで岸田の有能っぷりに拍手を送りたい。露宇紛争への対応然り、ここまで飛び抜けて有能な総理は鳩山、菅直人以来ではないだろうか。接種を煽るテレビ出演者もオール犯罪者だが、それを見て素直に接種する人たちもゾンビ脳としか思えない。テレビ、ヤフーニュース、くだらん5chまとめサイトくらいしか情報源が無いんやろなあ。

テレビもヤフーなどのポータルサイトも、コロナが第〇波到来!接種しなきゃ!と煽るばかり。米中間選挙も、下院を大幅に減らしたはずの民主党が何故か逆境からの大勝利みたいな論調で報じるばかり。ロシアはインフラを破壊して予定通りヘルソンを撤退したのに、何故かロシア敗走という報道ばかり。ウクライナが合意を無視して露黒海艦隊を攻撃したことも、何故か宇の正当性を強調する報道ばかり。

朝日から産経までが同じ論調で報じ、テレビも、ネットのポータルサイトも全てが同じ論調で報じている。日本が政治もメディアも全てにおいて如何に深刻な米国依存、それもディープステート依存か、これだけを見てもよく分かる。恐らく統制も敷かれている。そして日本人が如何に骨抜きにされて何も考えなくなった人だらけか、現状を見てもよく分かる。

かつて後藤田正晴が、日本は全て米国任せの国だから属国になってしまった、と発言したことがあったが、これは政治家や役人が知っていながら敢えて日本を米属国にしたことを示している。日本はCIA(ディープステートの組織)に今も完全に支配されている。いや、支配の度合いは以前よりも増している。

だから他国がワクチン接種から引いていく中で、日本だけが逆にワクチン接種を強化する一方だし、ウクライナとゼレンスキーは巨悪に立ち向かう英雄で、反DS側のトランプは狂人で痴呆症の暴走老人というイメージ一色で報道する。岸田もメディアも忠実な操り人形で、邪魔だった安倍晋三は日本内部のCIA関係者主導で暗殺されたのだろう。

安倍ちゃん亡き今、高市早苗が首相になる可能性は皆無だろうし、自民は元々がリベラルだが完全にリベラル政党に成り果てた。日本にまともな保守政党などありゃしない。参政党?あれは保守を謳っているだけだ。ごぼうはちょっと・・・食物繊維だけでええ😑

 

 

11月10日(水)

ここ最近、脳梗塞による高次脳機能障害+失語症の母の頑固化が酷い。何かを訴えたいらしく、私に対して謎語で言ってくるのだが意味が分からない。

私が仏教を勉強するようになったのは怒りなどの感情を捨て去る為だ。最近は平常心で対応するようになったが、それにしても母が非常にやりにくい。こちらが理解しようと優しく接しても、母は自分の意志が伝わらない苛立ちから常に不機嫌で文句を言ってくる。ずっとこんな調子では、私だってイラッとしてくる。

父に対しても何かぎゃーぎゃー言っているらしく、昨夜は父がぶち切れて喧嘩していたようだ。日本語か、せめて英語で口論でも出来ればまだいい。意味不明な謎語だから何も解決せず双方がストレスをため込んで終わる。こんなことを日々繰り返している。

親が普通に元気でいてくれている人は親に感謝すべきだよ。健康で元気でいてくれることがどれほど子孝行か、親が障害者になるとよく分かる。人は愚かなことに、当たり前のことに有難みを感じない。失って初めて分かるんだ。

昨日は1日中キリキリと胃痛が酷かった。今朝も続いている。先週、母の体調が悪いかも、という展開になった時は、不謹慎ながら正直期待したんだ。でも、検査結果は健康そのものだった。嬉しくも何ともない。むしろガッカリした。

高次脳機能障害に加えて失語ゆえに受け入れてくれる施設もない。1日中テレビの前に座って、ただワイドショーを見ているだけの痴呆まっしぐらの人間に、いつまで振り回されないといけないんだ・・・ワクチン由来のホワイトクロットこと血栓さんはよ頼むで!😡💀

 

 

11月9日(水)


おはようございます。水差しポトスちゃんも随分と伸びてきた。いつの間にやら米中間選挙の開票作業が始まっている。そして案の定、一部の州で投票機全機が故障。

2020年の大統領選本選挙では、開票作業所で民主党支持側による明らかな不正行為を撮影した映像まで流出し、トランプがFBIに捜査するよう要求したにも関わらずFBIは全く動かなかった。今回も同じ手を使うとさすがに拙いと思ったか、機械をぶっ壊す手段に出たか?

今回も恐らく、民主党のバックにいるソロスやゲイツ、というかDS全体が必死に妨害工作をして民主党WIN!に持ち込むのだろう。そうしないと、新型コロナの出自、ウクライナの真実など、DSが世界中の人々の脳内に刷り込んできた虚像がばらされてゼレンスキーや民主党、欧州の極左政権は窮地に追い込まれる。

そういえば、イーロン・マスクの独裁的手法でツイッターが変わった。解雇されたツイッター日本の元社員が、左派系メディアや団体のつぶやきを優先的にトレンドに表示させていたことを暗にゲロった。

まあ知ってた。糞LGBTとやらの虹アイコンやBuzzFeed、ハフポスト、朝日新聞朝鮮日報やらの記事がやたら表示されていたからね。ツイッター社も広告収入で運営している企業だから、左派系が金で動かしていたことは容易に想像できる。

だからと言ってイーロンを英雄みたいに持ち上げることは非常に危険だ。彼の立ち位置が反DSではないことは、ウクライナスターリンクを無償提供していることからも分かる。ネット上でイーロン賛美が溢れているが、この流れもまた違和感を覚える。もう少し冷静に全体を見ることが大切と思う。イーロンは寧ろ危険人物に感じる。

 

 

11月8日(火)


おはようございます。朝日が昇ろうとする直前の朝焼けの空を、ぬくぬくとした暖かい部屋で眺められる幸せ😊

でも、本当は外に出て朝一番の外の空気を吸い込むことが、心身に非常に良いみたいですなあ。何がどう良いか、科学的に詳しく解明されている訳ではないけど、例えば「カントンの犬」の実験でも同様でござんす。

化学でも未だ解明できない、海水に含まれる無数の元素の存在が体を元気にするように、朝一番の空気をしっかり吸い込むこともまた、体と心にとって何かしら良い影響があると思う。ラジオ体操で朝早く公園に集まるって、実はとても良いことだと思うなあ。

動物を見下げる人が多いけど、人間も動物と同じってことだすよ。本来は朝日を浴びて朝一番の空気を吸い、食糧を求めて動き回り、自然の物を食って、日が暮れたら寝ろ!それだけだ!こう考えると、不自然な人工物を食べたりチクっと接種することがどれほど歪なことか何となく分かりまっしゃろ🤭

不自然な人工物・・・例えば薬品類や食品添加物などが体内に入ると、血中に乗ることなく肝臓に直接送り込み、薬物代謝系と呼ばれる毒物処理を体は行う。つまり体はそれらを毒と認識している。添加物の一部は分解排出処理できず体内に蓄積する。

薬を常飲する現代人の肝臓は疲労状態となっている。その為に解毒作用がある物を食べて助けてあげる必要がある。しかし、そういった食品を意識して食べる人は少ない。結果、炎症や病気へと繋がっていく。

しかし、もっと恐ろしいのは、アンソニー・ファウチやゲイツらが生み出した、スパイクタンパク質なる人工ウイルスである。これが血中に入り全身の血管を傷つけ、アミロイド物質を形成していくことが判明したそうだ(論文発表済)。

アミロイド線維はあらゆる病を引き起こす原因となる。例えばアミロイドーシス難病・・・アルツハイマープリオン病などもその類である。ワクを接種した人に脳の異常が見られるという研究発表が昨年の時点であり、そのことをブログ記事に書いた記憶がある。全て陰毛論ということにされたが・・・ん?なにか?😑

ワク接種数日後に突然、おかしなことを言い出し、走行中の車から自ら飛び降り死亡した若い男性のケースもあったが、あれもスパイクタンパク質から生成されたアミロイドが脳に何らかの影響を与えたと考えられる。

アミロイドーシスは血栓生成にも作用する。英国成人4800万人を対象に行われた大規模調査で、接種者は未接種者と比較して動脈血栓リスクが22倍、静脈血栓リスクに至っては33倍に上ると判明した。自然感染のスパイクさんよりも、ワクに入っている人工スパイクさんのほうが超高確率であることも判明している。

私が経験した深部静脈血栓症は文字通り静脈で、各臓器や手足・脳などの末端部から心臓に血液を戻す為の血管である。電車で言うと上りみたいな。動脈は心臓から全身に血液を送り込む為の血管だ。どちらも血栓が出来た場合、その時点で痛くて体がしんどくて呼吸まで浅くなって歩けなくなって生活がマトモに送れなくなるぞ~(経験者談)。

恐ろしいのは、血栓が剥がれて血流に乗り肺や心臓に到達することである。これが肺梗塞や脳梗塞と言った重大な疾患に繋がる。死か、助かっても高確率で障害者だ。

さあ、今後数年のうちに血栓で苦しむ人や脳梗塞になる人が増えるぞ。リクシアナ、イグザレルトといった抗血液凝固薬が爆売れだ!製薬会社の巨大化は益々進む。まるでバブルガムクライシスの世界やな😧

 

 

11月7日(月)


色々と調べ事をしているうちに深夜2時を回ってしまった笑。私個人のオーソモレキュラー(改)の原点に戻り、アーユルヴェーダの思想を応用してテラクルミンなどを再度、取り込んでいく。

昨夜に投稿した記事を読んで頂くと分かるが、投薬のみで解決できると考えている多くの精神科医心理的視野狭窄に陥っている。投薬とカウンセリングで解決できるなら、精神疾患に苦しむ多くの患者たちは、どうして数年規模の長期通院と投薬でも寛解しないのだ?

中国医学アーユルヴェーダも、個々それぞれの心と体のバランス、すなわち生命エネルギーを重視している。栄養状態や体質は人それぞれ違うんだ。皆、同じ薬を服用させていたら良いという西洋医学の短絡的な発想とは全く違う。

私が尊敬する免疫学のプロは、「僕は病気の治療について個人の意思を尊重するけど、精神科だけはやめたほうが良いとアドバイスします。通院して治ったという人、誰1人として見たことがないので」と言っている。

私も、このままだと大切な人が廃人にされてしまうのではないかと危惧している。精神科医の仕事はカウンセリングで患者と同調して共依存に陥ることではない。自立に向けて助言をし、不安を取り除くことではないのか。

原因の所在だけを求め、それを責めたり否定して、複数の薬を飲ませて終わるだけで何の解決に繋がる?そうやってずるずると1年、2年、数年と同じことを繰り返して患者を薬漬けの廃人にすることが医療と言うのか?ふざけるな、だ。必ず彼女を寛解に導く。これは私の挑戦だ。

 

 

11月5日(土)


おはようございます。大切な人のお母様から頂いた干し柿をもぐもぐしながら書いております。昨日、病院で検査を受けてきた母は病院の廊下ですっころんで別途CTやら何やら撮られたそうな。何をやってんのだか。検査結果は週明けとのこと。

心臓が悪いのに食に気を付けないからだぞ。健康に良いからと牛乳を毎日何杯も飲ませてヨーグルトまで食べさせているが、カルシウム偏重で血行不良→動脈硬化→心疾患や脳卒中脳梗塞に繋がることは当たり前じゃろーが。Ca2:Mg1って言葉を知らんのかい。わても去年まで知らなかった😑

と父に言ってやったら、「医者はそんなこと一言も言わなかった」と。医師は薬で抑え込むことしか考えないから教えてくれるはずがない。医師に頼りすぎるのではなく、自分でも調べていかないと。慌ててハイカカオチョコを買ってきていたけど、あそこまで進行したらもう遅いと思うぞ。

多くの人は、カルシウムを多く摂取することは骨を強くしたり健康に良いと思い込んでいる。でも、実は厚労省自身が1996年に、牛乳と骨折の相関性を日本国内で大規模調査している。結果、牛乳を日頃から多く飲んでいる人ほど骨折が多い事実が判明している。

かつて「骨太牛乳」など、骨を強くするイメージの商品名の乳製品をよく目にしたと思う。でも、いつの間にかそれらが消えたのは、牛乳=骨を強くすると謳うのをやめろ、と厚労省が指導した為である。かつての厚労省はきちんと仕事をしていたのだ。今ではファイザー日本支社になり果てているけど笑。

学校給食では未だに牛乳が出てくるけど、栄養士はCa2:Mg1を知っているはずなのになあ。それだけ乳業メーカーの権力が強いということか。京都市など一部地域は、健康意識が強いお母さんたちの猛抗議により、給食での牛乳が廃止されお茶になった。

骨を強くしたければ、小魚アーモンドとか、ああいったものを食べておけばええんだすよ。小魚やナッツはカルシウムとマグネシウムをバランスよく摂取できる。栄養素はどれも単体では機能せず、場合によっては害になることもあると頭に入れておくとええだすよ。サプリも然り。足りない栄養素を補い全体を満たす、これがオーソモレキュラーの基本的な考えである。

 

 

11月3日(木)

例の延長きましたよ笑。2度も延長した第2回IWGPリーグ決勝の猪木vsホーガン戦かな?土曜日に本当に帰るらしいけどホンマかいな?😑

母は明日、精密検査らしい。担当医Aは検査結果次第で手術、Bは結果に関係なく即カテーテル手術と意見が割れているとか何とか。私は詳しく知らなかったが、聞けば母は薬を7~8種ほど服用しているらしい。しかも1日に3回だ。まさに薬漬けである。

内容は心臓、抗血液凝固、血管拡張、降圧剤など。なんとも矛盾したラインナップだ笑。血管を拡張させて血流改善をしているなら降圧剤など却ってよくない。ある意味で緩やかにダメージを負わせているようなものだ。まるでワクチ・・・おっと🤫

そもそも心臓(の圧力)が弱っているからカテーテルと言うなら、心圧を弱めることに繋がる降圧剤を使うのは完全に矛盾している。この世は何が何でも血圧140を下回らないと気が済まない医師だらけなのか。ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるようなものだぞい。

高齢になり血管が老朽化した状態で無理に血流を良くしてしまうと、急な血流改善により血管がさらにダメージを負う。脳卒中リスクなども高まる。薬の多重投与は、体自身が状態に合わせて機能を調整しようとしているところを、無理やり改善をはかり却ってダメージを与えることに繋がる。

とはいえ、心原性脳梗塞となってしまうと外科治療と投薬に頼らざるを得ない。問題は手術と薬だけで完結ではなく、そこから生活習慣の改善に繋げていくことが重要なのである。母の退院時、医師は父に「減塩」などを指導した。うむうむ、テンプレ通り。

まあ今更どうでもいいけどね、母は多くの高齢者たちと同じく、病院と製薬企業に見事に食い物にされている。まだ暫くは手術と投薬で強制的に生かされる。こんな老後は送りたくないという典型的な見本やな。

 

 

11月1日(火)


気が付けば大好きなマイケル・マイヤーズ・デイことハロウィンが終わってしまっているやん!昨年はこんなことをしていたのに・・・今年は何もしないままで終わってもうた!😭

代わりに今年は7月辺りからエンジェルナンバーが出まくる出まくる。スロットなら大当たりじゃあ。今朝も早速0606ですぜ。11月初日からエンジェルナンバーとは縁起が良い。

0606番・その意味するところは?
6という数字は、責任、真実、忠誠、物質的なものへの愛の象徴、粘り強さと、また頑固さに関連しています。番号0606を持つ人々のための別の重要な特性は、お金が彼らの生活の中で非常に重要な役割を果たしていることです。

エンジェルナンバー0606は金が自分の人生で非常に重要であることを示しています。0606は、金を稼ぐ為に自分の仕事に専念する準備ができている状態を指します。

エンジェルナンバー0606のもう1つの特徴は愛と友情です。常に友人や恋人を支える気持ちがあり、それに対し見返りを期待することもありません。この数字はパートナーへの誠実な感情を持っており、献身が好きであることを示しています。

エンジェルナンバー0606は、あなたの人生に進歩をもたらすことは間違いありません。この数字はあなたにエネルギーを与え、物事をより明確に見ることを助けてくれるでしょう。自分自身の人格に秘められたスピリチュアルな側面を意識する必要があります。過去を捨て去り、未来に集中する必要があります。

0606は、不安や恐れを抱く必要はないというメッセージでもあります。あなたの人生はこれから良い変化が訪れるでしょう。あなたが目標に向けて急いでいるなら、スピードを落とし、周りの物事を見る余裕を持つように、というメッセージも含まれています。金は人生で最も重要なものではないということです。

海外のエンジェルナンバー解説サイトより。割とドンピシャで当たっているような気もしないでもないような?てか、スピリチュアルな側面てタイムリーやな😦

土砂降りの雨で今月がスタートだけど、たまには雨も悪くない。大切な人と会い、蓮台寺でお参りをして、パワースポットでエネルギー(マイナスイオン?)を浴び、流れは確実に良い方向に向かっていると感じている。がむばる!