どん底からのぼれろ

チーズほうれん草ハンバーグカレーを作って食す!🍛


本日の夕食は、チーズほうれん草ハンバーグカレーです。これは子供も大人も大好きなメニューの1つでしょう🤤


カレールーは、インドカレースパイス+コンソメ+シアバター+トマトピューレ+粟国の塩+黒糖+ニンニク+ショウガというシンプルな味付け。とろみ付けに、オートミールパウダーを使いました。グルテンフリー&無添加のカレーです。

具材は、パプリカ、玉ねぎ、豚バラ肉、そして大切な人のお母様から頂いたほうれん草がたっぷり入っています。ハンバーグは先日、作った時の残りです。


カイワレ大根とゆで卵のサラダ。マヨ添え。さらに例のバルサミコ酢マヌカハニーのドレッシングもかけてあります。


カイワレは安くて栄養価抜群。スーパースプラウトに及ばなくても、強力な抗酸化作用はコロナやインフルを防ぐ為の免疫強化に必要不可欠です。今まで自分と共に育ってきた免疫細胞たちを、異物であるワクチンで殺してしまっては意味がありません。

自分の体のことは、自分と共に育った免疫細胞たちが一番よく知っています。免疫細胞を信じて任せ、彼らに栄養をたっぷり送ってあげることが一番なのです。


こういうてんこ盛り系カレーを食べる時ってわくわくするよね!いつの時代もカレーとハンバーグは皆の大好物!😍


本当はジューサーなどでほうれん草をペーストしたら、本格的なグリーンカレーになったかもしれませんが、私が使っていたパナソニックのジューサーは、刃が欠ける危険性がある為にリコール対象と連絡がありまして・・・面倒だから処分した😑


オートミールでルーにとろみをつけてあるので、ルー自体にも栄養が含まれています。何度も書いていますが、バーモントなどの市販カレールーの多くはスパイスなど使っていません。使われているのは大量の添加物と植物油脂です。これは探偵ナイトスクープ内で林裕人先生もハッキリと言明していました。レトルトも同様です。


手作りのスパイスカレーは健康に良いけど面倒、と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。これも完成まで20分ほどです。日頃から野菜をカットしてジップロックで冷凍保存して常備しておくと、すぐに料理に移行できるので便利ですよ。


という訳で、チーズほうれん草ハンバーグカレーでした。ごちそうさまでした、めちゃ美味しかった😋



 


大切な人は前々から睡眠障害に苦しんできた。2017年秋頃、私がまだひきこもりだった頃、彼女と毎日、明け方4時頃までラインをしていた。2人とも重度睡眠障害の状態だったのだ。

人は睡眠を軽視しがちだ。私もそうだった。毎日2時間3時間の睡眠で思考がまともに働かなくても、それが普通だと錯覚していた。しかし、平均睡眠時間が短くなればなるほど、寿命が縮むというデータは世界中で出されている。

もちろん個人差はある。ショートスリーパーの人はそれこそ2~4時間睡眠で十分だろうし、10時間寝ないと脳が機能しないという人もいる。時間に常に追われる現代社会において、後者に生まれた人は不幸としか言いようがない。

人間にとって、睡眠とはどういった役割があるか。様々な説が出ているが、以前にも書いたように、睡眠とは脳とは別の情報記録スペースに溜まった1日の情報を整理し、余分なものをゴミとして処理する為に取るものだと私は考えている。

睡眠に入り、意識が活動を停止した状態になると人は夢を見ることがある。これは、脳が処理している最中の様々な情報が、映像として現れているのではないだろうか。夢を見る理由は、脳が情報を整理している為ではないだろうか。

私たち人間は日頃、自意識によって体をコントロールしている(実際は脳が支配している)。自我が眠りにつくと脳が完全に支配する状態となる。脳は、脳とは別に存在するであろう情報を記録するスペースに干渉し、必要な情報と無駄な情報をフォルダに振り分けたりゴミを削除する。ディスククリーンアップみたいな感じだ。

ショートスリーパーの人は、この処理速度が非常に速いのだろう。ショートはCore i9 13世代、メモリ32GB、SSDのゲーミングレベルに対して、ロングはCore i3第5世代辺りでメモリ8GB、HDDといった、事務用ノートレベルくらいの違いと考えたら分かりやすい、かも?🦆

また、夢は情報処理だけではなく、自意識が普段から求めるアイデアを、脳が映像として具現化して示したりヒントを与える為に、記録スペースより情報を探し出して自意識に提供する(見せる)働きもあるのではないだろうか。

夢で得たアイデアを現実で活かす人がいたり、夢で見たことと同じ展開が現実に繰り広げられる場合が稀にある理由は、脳が私たちに見せることで導いていると考えることも出来るのでは。予知夢と呼ばれるものも、この類の1種ではないだろうか。

ともあれ、睡眠をしっかり取ることによって、脳内の情報が綺麗に整理されて、ディスククリーンアップも完了し、自意識は目覚めると心機一転、すっきりと1日をスタート出来るのである・・・という私の勝手な分析である。

近年は、勉強をしたら睡眠をしっかり取る、というやり方が主流となりつつある。これは脳化学の観点で見ると理にかなっている。睡眠をしっかり取ることで、勉強で得た情報を必要な情報として記憶媒体にがっちりと保存するということに繋がる。


ここからが本題で、では、睡眠障害で眠れない場合はどうなってしまうか。1日の中で溜まった情報を整理できず、ゴミも溜まっていく。PCで例えると、HDDやSSDが古いデータで埋まっており、メモリを食いまくっている状態だ。バグも頻発するだろう。私が以前に苦しめられた(苦笑)KP41頻発と同じだ。そしてPC(自意識)がパンクして強制シャットダウンしたりブルースクリーンエラーとなる。つまり病んでしまうのではないか。

睡眠不足が常態化すると、うつ病や他のメンタル疾患リスクが急上昇することは科学が証明しているが、それ以外にも発達障害の重度化なども指摘されている。つまり、脳と、脳とは別の記憶媒体に関係する神経回路などに何らかのトラブルが生じるのだ。それがメンタル疾患や発達障害の状態を引き起こしていると考えられる。

ビタミンBやCがメンタル疾患全般に大きく関与している理由も、今ではしっかり判明している。詳しく書くと時間の都合で私が睡眠不足になるので省略するが、メンタル疾患と睡眠不足とビタミンB群は密接な繋がりがあると言っても過言ではない。

大切な人は、今現在も睡眠障害に苦しみ、導入剤に頼っている。薬を使った睡眠は、自意識を無理やりシャットダウンさせており睡眠の質は良くないことが判明している。つまり、情報整理には繋がらないと見られている。

彼女を回復させる為の方法が、理屈では分かっていると書いた理由はここにある。たかが睡眠、たかがビタミンと侮る人は、現代の医学情報にアップデート出来ていない昭和脳ということだ。私たちの自意識や記憶を支配しているのは脳と腸だ。この2つが正常に活動できないと、脳がバグを起こしてしまうのである。

そう、だから理屈では分かっているし、私の知識が本物かどうかが試される時でもあると思う。しかし、知識で簡単にどうにかなるほど人体、特に脳と精神の病は容易なものではない。複雑怪奇なのだ。でも負けねえよ、意地でも救ってみせる。

さて、書いているうちに1時だ。4時に起きないとあかんのに僕の脳がバグっちゃう😱